Sugita Yohei

PROFILE
A canvas wearing skin made of paint. A sculpture made of solvent commonly used by dental technicians. Sending out piece after piece of artwork that defies expectations, Sugita says his motto is not to have a set form. He jettisons back and forth; half his style continuously pursues the true nature of painting while the other responds to collectors’ expectations or deftly betrays them altogether. Sugita may seem like he takes defenseless tactics, but in reality his world is built on his unparalleled knowledge of art and his refined sensibilities regarding art history. What will his love of art produce next? The very process of transformation is embodied in the artist himself.
HISTORY
2019
「マテリアル ワールド」(阪急メンズ東京7階/東京・銀座)
「ブレイク前夜×六本木ヒルズA/Dギャラリー」( 六本木ヒルズA/Dギャラリー森美術館)
2018
「ブレイク前夜展」(愛でるギャラリー祝・帝国ホテルプラザ/東京)
「TOKYO ILLUSION」(台中アートセンター/台湾)
「ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~」( Bunkamura Gallery/渋谷)
2017
「天才の絵画は、アトランティスに夢を見る。」(TAGBOAT/東京・人形町)
「出逢い、空間、誘惑、そして」(LUCUA1100 7F DMOARTS/大阪)
「絵画の花びら」(H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI/東京)
2016
「the intergalactic」(MEGUMI OGITA Gallery/東京)
2015
「印象派と具体美術が心地よい関係を保ったなら」(みんなのギャラリー/東京)
中之条ビエンナーレ2015(群馬)
2014
「新作とコレクション」(みんなのギャラリー/東京)
2013
「BLACK SWAN」(MEGUMI OGITA Gallery/東京)
「はてしない物語」(渋谷西武美術画廊/渋谷)
「ラビット・アイズ」(MAKI FINE ARTS Gallery/東京)
「CROSSOVER」 (AKI Gallery/台湾)
「KISS THE HEART♯2」(三越日本橋本店/東京)
2012
「めぐり逢う時間達」(スプラウトキュレーションgallery/清澄白河)
「アートをうちに持ち帰る、楽しくて、温かい毎日が始まる。」石鍋博子キュレーション(銀座三越8階ギャラリー/東京)
2011
「Ecce Homo」(ZENFOTO gallery/六本木)
2010
「emotional wild」(gallery4walls/韓国・ソウル)
「山本冬彦コレクション展」(佐藤美術館/東京)
2009
「ART in The AKY」天野太郎キュレーション(新丸の内ビルディング/東京)
2008
「杉田陽平展」(新宿都庁/東京)
「platonic painting」(ギャラリーMoMo両国/東京)
2005
「happy painting」(トーキョーワンダーサイト本郷)