daikichi

PROFILE
2017年から中国北京で人形制作と発表を始めたDaikichiは、一般的なイメージの芸術家とは異なる。あたかも彼が生み出した宝石のような少女の姿が、彼をアーティストへと導いたように見える。

実は、彼の発表の場は最初フィギュアの世界であった。巨大なフェティシズムのマーケットが日本にも中国にも存在し、多くのマニアックな若者たちをひきつけている。だが、そこにはアニメや漫画からの無意識的な引用が幅を利かせている。彼の造形は他の著作物の引用から遠く離れて、見たことのない造形美にあふれている。ステレオタイプ的な美しさとは無縁のもう一つの美しさとでも言うべき無名の魂がそこにあるかのように見える。

彼の人形は、指先、足、目、唇、歯と歯茎、舌などが人形としての独自のリアリズムをなし、艷やかな美しさで見るものを魅了する。Daikichiの女性と少女に対する無限のリスペクトが形を得て輝いている。