柿沼 宏樹

PROFILE
1985年東京生まれ。2011年武蔵野美術大学修士課程油絵コース修了。
柿沼は異物と人間、異常と日常の交わり合う壮大なパノラマを描くのを得意とする。
どこから来たのかわからない「鳥人間」と人間、ビルやタワーを破壊する巨大怪物と日常生活、田舎と都会が不思議な調和を持って共存する。それは映画の特撮ものと、其れを見る私達の関係を描いたものとも見られるだろうし、アジアの猥雑で混沌とした街をさまよう観光客としての私達自身を描いたものにも思える。
現代の世界全体自体、ありえないほどの異物がぶつかり合い、矛盾しながらも、なんとか調和を保って生きているが、彼の絵はそうした現実を反映したリアルなジオラマと言えるかもしれない。
HISTORY
2018
アートフェアフィリピン2018(The Link Ayala Center Makati・秋華洞/フィリピン・マニラ)
2017
ART TAIPEI 2017(台北世界貿易センター・秋華洞/台湾・台北)
2016
「私の中の『デロリ』展」(秋華洞)
昭和会展(日動画廊)
UMARTs 2016(JRA競馬博物館、府中)
サンライズギャラリーオープニング展(Sunrise Art Gallery、ジャカルタ)
ヤングアート台北2016(シェラトングランデ台北ホテル・FUMA contemporary Tokyo/台湾・台北)
2015
「UMARTs 2015」(馬の博物館/神奈川・根岸)
「上野の森大賞展」[賞候補](上野の森美術館/東京・上野)
「LA ART SHOW 2015」 (LA CONVENTION CENTER/アメリカ・ロサンゼルス)
2014
「kahal art competition & exhibition 2014」(The Artcomplex Center of Tokyo/東京・新宿)
「未来展」[特別賞](日動画廊/東京・銀座)
「上野の森大賞展」[賞候補](上野の森美術館/東京・上野)
2013
Art Beijing(中国・北京)
ヨーロッパ取材旅行
2012
「タロット原画展」(泰明画廊/東京・銀座)
Art Beijing(中国・北京)
2011
「unmanifested」(泰明画廊/東京・銀座)
「三越美術特選会」
(日本橋三越/東京・日本橋)
武蔵野美術大学修士課程油絵コース修了[修了制作優秀賞]
2010
「第19回奨学生展」(佐藤美術館/東京・新宿)
アートフェア東京2010(東京国際フォーラム・泰明画廊/東京・有楽町)
2009
「アートサイト岩室」(岩室温泉/新潟)
「第5回世界絵画大賞展佐々木豊賞受賞」(世界堂新宿本店/東京・新宿)
武蔵野美術大学油絵学科卒業制作研究室賞受賞
2008
「J-ART in Shanghai 展」(雅巣画廊/上海)
2007
「via art 2007」(シンワアートミュージアム/東京・銀座)
「パブリックコレクション」(上野の森美術館)