Oki Ayano

PROFILE
「美人画」と呼ばれるジャンルに寄り添う形で出てきた沖綾乃の世界は、深いエロティシズムの視線へと私達をいざなう。
まるでコーヒーをひっくり返したような乱暴な着彩で描かれる男性を受け入れる女達は官能のほとりにいて、もっと深く、もっと強いものを求めて画面のこちら側に視線を投げかける。
硬い肌を持った女の表層を描くことを繰り返す日本の人物画シーンのなかで、彼女の秘められた激しさは特異だ。
官能、人間存在、そして事物の存在そのものへの愛情と問いかけを絶やさない彼女の絵画的視点は、美術表現ならではの緊張感を呼ぶ。和製エゴン・シーレとも呼ぶべき彼女の官能性はしかしシーレの持つヨーロッパ的強迫性ではなく、日本らしい楽天的な幸福への希求を示唆するように思われる。