田口 由花

PROFILE
日本画滅亡論が叫ばれてもう何十年の歳月が流れた。膠の岩絵具で描くいわゆる日本画に未来はあるのか。其の議論をよそに、彼女は素直に江戸と明治の日本画群に対する敬意と、女性としての女性の存在への畏敬を其の作品に描きこむ。
人と生き物の描写の熱量をどこまで高めて現代の作家として芸術に向き合うのか。孤独な戦いに彼女は毎日挑み続ける。
HISTORY
2018
アートフェア東京2018(東京国際フォーラム・秋華洞/東京・有楽町)
2017
東京藝術大学大学院美術研究科修士課程日本画専攻 修了
「猫れくしょん」(秋華洞)
2016
Affordable Art Fair(Gallery Seek・シンガポール)
2015
東京藝術大学大学院美術研究科修士課程日本画専攻 入学
「ジ・アートフェア +プリュスーウルトラ」出品ブースがベストセールス賞(表参道)
2014
「損保ジャパン日本興亜美術賞 FACE2015」入選(新宿)
2013
「三菱商事アート・ゲート・プログラム」2013年度奨学生